女性を演出する Stage-F トップページ

美容師がお届けするコスメ&メイク情報
伝統工芸熊野筆の新鋭メイクブラシ Avec Plaisir
江田島生まれ、瀬戸内育ちの自然派石鹸 瀬戸内石鹸
こだわりの貴女に、パリ発のコスメブランド ALEXANDRE
抜群の除菌能力、そして新時代のデオドラント V-アイナック

トップメイクブラシ3Dトップ メイクブラシ

3Dトップ メイクブラシ

3Dトップテクノロジーは筆の既成概念を超えます

特に意識しなくても、最適なタッチが得られます。

その道のプロに支えられて、熊野筆の地位があります。
プロの意思を裏切ることなくプロの創造をアシストする、 それが伝統工芸熊野筆の価値です。

ところでプロの技量とは、筆(穂先・トップ)を絶妙にコントロールすることです。
それは「筆づかい」とか「筆さばき」などといわれており、作品のタッチを決定づける要因です。
そしてそれは書道でも、絵画でも・・・メイクでも同じです。

しかし、メイクには大きな違いがあります。それは、メイクのキャンバスが平面ではないことです。
つまり顔は、立体的な3D造形だということです。

立体的な顔に、従来どうりの筆(穂先・トップ)は最適なのか? そして、

メイク専用の『筆(穂先・トップ)』が開発されました。

Avec Plaisir

「ラ・マジィ」 3D造形された化粧筆

使い分けるのはブラシの種類ではなく、ブラシの部分です

プロの筆さばきを1本のブラシで実現します

ラ・マジィ 1)粉(粒子・パウダー)をのせる
2)なじませる(ぼかす・グラデーション)
3)質感を出す(フィニッシュ)

素敵なメイクは、こうしたテクニックで表現されます。
それは本来、筆使いと筆の使い分けで、実現します。

しかし『ラ・マジィ(3D造形された化粧筆)』を使えば、一本のブラシでも、トップ(毛先)の部分によって、 簡単に最適なタッチが使い分けられます。

まずはフェイスブラシをお勧めします

AP710m ラ・マジィ この3D造形されたメイクブラシは『ラ・マジィ』と命名されて、 ハイエンドのAP700シリーズに設定されています。

お勧めはフェイスブラシ(大)です。

もともとフェイスブラシは、パーソナルユースでイチオシのブラシです。
いつもどうりのメイクを行い…最後にフェイスブラシで馴染ますことにより、 ナチュラルな質感が得られるのですが、通常のフェイスブラシでは立体感が出にくいこともあります。

馴染ますテクニック、つまりグラデーションテクニックは顎・首へのセクションでは効果的ですが、 チークラインやアイメイクなどを崩しすぎるリスクもあります。 そうしたケースでは、「力加減を修正する」「ブラシの種類を変える」のが通常ですが、 『ラ・マジィ』であれば、使う部分によって違うタッチが可能です。 つまりテクニックを駆使しなくとも、ブラシの種類(所有)を増やさなくても対応が可能なのです。

店頭でも最初の一本に紹介しています。大半の方はこの一本をまず使いこなしてから後、 メイクのスキルやレベルの向上に応じて、その他のブラシを買い増しされています。

フェイスブラシ(小)はチークブラシとしても使えます

AP711m ラ・マジィ あたりまえのことですが、広範囲に使うなら大きめのブラシが適しています。

(チークなどの化粧品に添付しているブラシは最小限のサイズですから、 仕上がりを追求する場合には使いにくいのです)

しかし、狭い範囲であればもちろん、その部位に見合ったブラシの方が快適です。

そうした意味で、チークを少し印象的に使う方にはフェイスブラシ(小)がお勧めです。
ファンデーションの2色使いや、同系色でのチーク、あるいは自然なハイライトを入れる際に、 一本のブラシで手早く仕上げることが出来ます。

アマチュアの方が苦手なチークも簡単です

AP720m ラ・マジィ 多くの方はチークが苦手です。

入れ方が分からない、入れる場所が分からない、上手に描けない。 例え本職の方に入れてもらっても。。ピンと来ない。。。

しかし、チークが決まればメイクの仕上がりは大きく変わるのも確かです。 そこで、チークを大事に考えてメイクをする方には3Dトップのチークブラシをお勧めします。

きっと、あなたのイメージどうりに。。。しかも手軽にチークが決まります。

【 La.magie 】 ラ・マジィ :3D造形された熊野化粧筆

3Dトップ メイクブラシ

Avec Plaisir は熊野化粧筆の新鋭ブランドです Avec Plaisir は熊野化粧筆の新鋭ブランドです。

プロが選び育成したメイクブラシを、一般の方々にお届けします。

原毛から一貫した品質管理
原毛に妥協しない偽らない
毛先は絶対カットしない

それが伝統工芸の誇りです