女性を演出する Stage-F トップページ

美容師がお届けするコスメ&メイク情報
伝統工芸熊野筆の新鋭メイクブラシ Avec Plaisir
江田島生まれ、瀬戸内育ちの自然派石鹸 瀬戸内石鹸
こだわりの貴女に、パリ発のコスメブランド ALEXANDRE
抜群の除菌能力、そして新時代のデオドラント V-アイナック

トップAvec Plaisir伝統工芸熊野筆

伝統工芸熊野筆

アベックプレジールは熊野筆です

書家向けのオーダーメイドも含む書筆(書道用の筆)のメーカーが、満を持して送るメイクブラシです。

化粧筆(メイクブラシ)づくり

伝統工芸品として現在、日本国内の筆の生産は、奈良市、愛知県豊橋市、東京、 そして広島県の 熊野町 と川尻町などでつくられています。

なかでも熊野町の筆の生産は全国の8割を占めており、 また、昭和50年には毛筆産業としては初めて「伝統的工芸品」の指定を受け、 ある種のステータスをもって『熊野筆』と呼称されてます。

Avec Plaisir 

良いメイクブラシには伝統的工芸品の技が生きています

筆づくりの様子

筆づくりの様子

筆づくりの技術者を昔から筆司(ふでし)と呼びます。
熊野には約2000人もの筆司がいますが、その中で、 全国の書道家の特注品を手がけるような選りすぐりの筆司23人が伝統工芸士の認定を受けています。 近年はそうした職人がメディアに紹介されることも多く、 その匠の技に感動された方も多いでしょう。
ところで筆づくりは、そのほとんどんの工程が手作業です。いわゆる手工業です。 原毛を加工して選別して筆の材料とするまでの工程には、さらに多くの職人の技を必要とします。


ある程度の大量生産を前提にした商品の場合、この名も無き職人達による作業で筆づくりは分業化されています。 そして実はあまり知られていないかもしれませんが、毛筆(書筆)づくりの工程数は(それが高級な商品ほど)多く て手間がかかります。比較すればメイクブラシの工程数は少ないのです。アベックプレジールのメイクブラシは毛筆づくりの職人たちが、その高い錬度を駆使して送り出すメイクブラシです。

「アベックプレジールは、メイクブラシではなく化粧筆です」

その誇りとともに、ベーシックからハイエンドまで素晴らしい仕上がりが自慢の伝統的工芸品です。

Avec Plaisir 

Avec Plaisir は熊野化粧筆の新鋭ブランドです Avec Plaisir は熊野化粧筆の新鋭ブランドです。

プロが選び育成したメイクブラシを、一般の方々にお届けします。

原毛から一貫した品質管理
原毛に妥協しない偽らない
毛先は絶対カットしない

それが伝統工芸の誇りです